引越し業者を簡単に決めてはいけない

Just another WordPress site

私たち家族は今春に引っ越しを経験した

time 2016/12/04

私たち家族は今春に引っ越しを経験したのでした。元の家の建て替えをするために近所にあった一軒家へと引っ越しをしたのでした。
引っ越し作業は友達に手伝ってもらったので、引っ越し費用はゼロで済みました。
ただ唯一大変だと思ったことは、私がまだ幼かった頃から長年使っていたピアノがかなり重く、運搬に苦労したことです。
現在住の家へ引越しをした時は、ちょうど春の繁盛期間でした。
何しろ引っ越し業者が忙しく、なかなかこちらと予定があわず大変苦労しました。
結局、午前の間ですべてのことを終わらせるという忙しい予定になってしまいましたが、しかしながらどうにか引っ越し業務はすべて終了しました。引越しのみに限らず、仕事をこなせる方は、段取りというものがうまいと言われます。
引越しをしようとする場合、どれを先に積もうかとかどれをどのあたりに、収納するか等、意外なことに頭を使う作業です。
なので、業者のスピーディーな作業に惚れ惚れした経験のある方もたくさんいると思います。
引越しを行う際には様々な手続きが必要ですが、働いている場合に面倒なのが市役所へ足を運んで行う手続きです。住民票の転出と転入の手続きがあるので、最低でも二回はわざわざ行かなければなりません。市役所は平日しかやっていませんので、引越しの他にまた休みを貰わなければならないといった羽目になります。引っ越しを行って一人暮らしをする場合には、単身用パックを頼んだ方が得することが多いです。
万が一、大型の家具や家電を新しく買い揃えるならば、業者に頼まずとも、引っ越すことができる場合もあるかもしれません。
そして、一人暮らしをしている女性だと、ご近所への、引越しのご挨拶は差し控えた方が安全だといったケースもあります。
我が家が埼玉県から東京で住むことになった時、パソコンを荷物に入れて荷造りするか考えました。
私たちには車があったので、主人が細かい荷物や必需品と同じくパソコンものせて新宿に持ち運ぶことにしました。
パソコンはきちんと梱包しても、万が一、誰かが起動させようものなら、個人情報があふれているので、とても気が気じゃなかったからです。家を購入したので、転移しました。
埼玉県へ東京都からの引っ越しです。
メンテナンス等でお世話になっているディーラーの方からナンバーの変更はどうするのかと質問されました。
運輸局にて手続きをする必要があるようですが、実際にはやらない人が多数だそうです。私も東京のナンバープレートのまま変えずにいます。住居を移転する際、荷物を運ぶ自動車を停めたり、荷物を廊下に仮置きしたりするため、事前に隣の家に挨拶に行くのが通常のことです。車の乗り降りや通行の支障になりますので、前もって了解を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。
引越し業者に依頼した場合は、そうした事も代行してくれます。
引っ越しが終了したら、市町村役場で各種の手続きをすすめていく必要があります。
後、地域の警察署に行って、住所を変える必要もあります。
正式には、住民票の写しを持参すると、すみやかに手続をしてくれます。手続き完了後の免許証の裏面には、新しい住所が印刷されています。引っ越しの折、コンロには気をつけなければなりません。なぜかというと、それは、他の物と異なり、ガスの元栓をストップしておかなくては動かせないからです。
さらに、ホースや器具にわずかにガスが残っていますので、喫煙しないのは勿論の事、部屋の窓等をしっかりと開け、空気を入れ替えておくことが望ましいです。
転居で最も必要なものは小物を入れる箱です。細かいものもきちんと整理して段ボールに収納すれば、転居にかかる時間も大幅に短縮でき、スタッフにも感謝されます。
段ボールは引越し屋が無料でくれることも多数ですので、無料見積もりをする際に確かめるべきでしょう。いざ引越しをするとなると、荷物を詰めて大量にあるダンボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんに混じり大型荷物を運んだりと大忙しです。
しばらくそういったことを続けていると、手の方は家具の重みで真っ赤になります。
業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をはめています。
引越し業者にお願いをしても、自分専用の軍手が必要です。
引越しをする場合、電話の契約変更も必要となります。
ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話に関しては、携帯ショップにて住所変更を行うか、インターネットで変更するかだけであり、工事などは発生しません。近頃の人は、固定電話を必要としないケースがほとんどです。現在、引越しのサカイは、引越しのサカイ、イエス!有名なのはパンダマーク。
すでに浸透している「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズも、まさに関西弁ですね。丁寧な作業であることから、多くのリピーターを保持しています。引越しのときには、ダンボールに荷物を入れていく作業は面倒でもやらなくてはいけないことです。その際にやっておいたほうが後々良いというコツは、重くて壊れやすいと思うものは、小さなダンボールに、かさばるものは、大き目の箱に詰めていくというポイントです。
また、ダンボールには服や食器といった品名だけでなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しのときにはかなり役立ちます。

down

コメントする